掌編・短編小説

[1分で読める] 灰かぶりの…… [掌編小説]

 ←[4分で読める] M氏 [短編小説] →[3分で読める] 表現者、厄介者に絡まれる [掌編小説]
 王室の馬車から現れた近衛兵の手には、美しいガラスの靴があります。お姉さまたちの照合はすぐに行われました。

「うむ、合いませんな。おや、お宅にはもう一人娘さんがいますね?」

 そう言うや、近衛兵はシンデレラを家から引き摺り出します。シンデレラが恐る恐るその靴に足を入れると、その場の全員が目を見張りました。

「殿下暗殺の容疑であなたを連行致します」

 灰かぶりの殺人者は逆上し、その物的証拠を遠く蹴り飛ばしました。
関連記事
スポンサーサイト


  • 【[4分で読める] M氏 [短編小説]】へ
  • 【[3分で読める] 表現者、厄介者に絡まれる [掌編小説]】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【[4分で読める] M氏 [短編小説]】へ
  • 【[3分で読める] 表現者、厄介者に絡まれる [掌編小説]】へ