エッセイ(雑記)

私の小説執筆環境について

 ←第5話 サークル・オブ・マジック2戦目 →初めてのトラックバック
私の、小説執筆の際の作業環境について記しておこうと思います。

まず、執筆はデジタルです。
iPad Air を用いています。
ただ、iPad そのものを用いた文章の入力作業は非常に面倒くさいので、Logicool のキーボードカバーを利用しています。
LOGICOOL ウルトラスリムマグネットクリップキーボードカバーfor iPad Airスペースグレー iK1060SG

iPad は持ち運びやすく、どこへでも持って行って、その場で書くことができるので、とても重宝しています。

さて、iPad による執筆には、アプリを使います。
私が使っているのは、iPad に(多分)プリインストールされている「メモ」というアプリです。
超シンプルですが、使い勝手がよく、気に入っています。

iPad を使った執筆には、問題点もあります。
それは、全角スペースが打てないことです。
字下げをしたいとき、かなり困ります。

そこで、私は、一旦「カクヨム」に投稿し、備えつきの自動字下げ機能を使う、という方法を取っています。
これで、全角スペースが打てなくてもなんとかなります。
ちなみに、「なろう」にも自動字下げ機能はあります。

つらつらと書いてきましたが、こんな感じです。
関連記事
スポンサーサイト


  • 【第5話 サークル・オブ・マジック2戦目】へ
  • 【初めてのトラックバック】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第5話 サークル・オブ・マジック2戦目】へ
  • 【初めてのトラックバック】へ