倉庫(掌編・短編小説)

[1分で読める] そして期待は裏切られる [掌編小説]

 ←暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう →「命の重さはみな平等」とあなたに言われたくはない
 わかっていたよ 知ってたさ
 君らホントに したたかさ

 俺がこうして 頭を下げても
 目の前素通り 冷ややかなテロ

 俺はいつでも 待っているのに
 君らが見せるは 無表情のみ

 君らの望み 高すぎないか
 これじゃあ俺も 心療内科

 誰が期待を 裏切った
 それはお前さ 君らは言った

 眼鏡にかなう ものを差し出せ
 さもなきゃお前に 渡す義理はねえ

 もういいわかった that's all right
 次こそ絶対 そう言わせない

 見せてやるぜ 俺の本気を
 そして戻るは この文冒頭
関連記事
スポンサーサイト


  • 【暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう】へ
  • 【「命の重さはみな平等」とあなたに言われたくはない】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう】へ
  • 【「命の重さはみな平等」とあなたに言われたくはない】へ