スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←[10分で読める] 伝説の読み切り漫画 [短編小説] →[6分で読める] 夢見る(オカルト)研究者 [短編小説]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【[10分で読める] 伝説の読み切り漫画 [短編小説]】へ
  • 【[6分で読める] 夢見る(オカルト)研究者 [短編小説]】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

エッセイ(雑記)

一発ネタの短編小説をいくら書いても、筆力向上には寄与しないのではないか?

 ←[10分で読める] 伝説の読み切り漫画 [短編小説] →[6分で読める] 夢見る(オカルト)研究者 [短編小説]
 メモです。最近思っていることです。

 一発ネタ、つまり、オチにすべてをそそぐような短編(ショートショート、掌編、あるいはSSなど)を書くのに必要な能力って、

 ①オチを思いつく力(意表をつく、うまいと唸らせるようなのが望ましい)

 ②状況設定、およびオチに向けた展開を簡潔に描写する力(一発ネタは、グダグダやるには向いていない。文字数でいうと、長くとも5000文字(文庫だと10ページくらい?)になるのかな、いや、これだと長いだろうか)

 の二つなのではないかと思うのです。

 これらの能力はもちろん、より長い作品を書くために必要な能力だとは思うのです。しかし、これだけが小説を書くのに必要な能力なのだ、とはとても思えなくなってきたのであります。

 具体的にどのような能力が求められるのか、と問われると、私もはっきりと答えることができなくなるのですが、たとえば、人物描写、心情描写、風景描写などの描写力は、それと意識しないと身につかないのでは、と思いますし、なんというか、物語に深みを与える(←うまく表現できない)ような力、というのも、一発ネタ小説の執筆からは得られないのでは、と思うのです。

 まあ、ようは、今後、文章力を向上させたいと思ったときに、どのような訓練を積めばよいのか、というのを考えるにあたって、上記のような考察を参考にしてみてもいいかな、と思った次第であります。

 身のない話ですみません。

 ただ、かつて書いた一発ネタの作品を時間をおいて読んでも、たいして文章に違和感を感じないというか、特に成長を感じない、という実体験があるのですね。つまり、テキトーに書いた作品でも、文章の粗さというか、拙さは誤魔化せてしまう可能性が高いのが、これらの短い小説なのではないか、と思うのであります。

 かなり黒いことを言うと、一発ネタばかり書いている素人作家さんの筆力って、長い期間執筆をしている人でもあんまり高くないんですよね。あるいは、これは、文章の巧拙が、やはり一発ネタの短編では現れにくいということなのかもしれません。いずれにせよ、一発ネタばかり書いていても、それ以外の長さ、内容の小説が書けるようになると思えないので、今後参考にしたいと思える作家を選ぶときには注意していきたいな、と思うわけです。
関連記事
スポンサーサイト


  • 【[10分で読める] 伝説の読み切り漫画 [短編小説]】へ
  • 【[6分で読める] 夢見る(オカルト)研究者 [短編小説]】へ

~ Comment ~

NoTitle

こちらでは初めましてです。
場末でファンタジー小説をかいているLandMです。
まあ、人気はあまりないですけど。。。

記事は読ませていただきました。
個人的な意見はともかくとして。
挑戦するのは大切なことだと思います。
私は長編を書けるだけの構想力がないので、短編の積み重ねで長編にしています。
練りに練った伏線・・・というのは苦手なもので。
長編しか書けない作家もいれば、短編しか書けない作家もいます。両方書ける人もいます。短編小説だけで文庫本を何本もだしている作家もいるので、拘る必要もないのでは?・・・と思います。

Re: NoTitle

> こちらでは初めましてです。
> 場末でファンタジー小説をかいているLandMです。
> まあ、人気はあまりないですけど。。。

 こちらこそ初めましてです。
 拙ブログにおいでいただきありがとうございます。

> 挑戦するのは大切なことだと思います。
> 私は長編を書けるだけの構想力がないので、短編の積み重ねで長編にしています。
> 練りに練った伏線・・・というのは苦手なもので。
> 長編しか書けない作家もいれば、短編しか書けない作家もいます。両方書ける人もいます。短編小説だけで文庫本を何本もだしている作家もいるので、拘る必要もないのでは?・・・と思います。

 私の書き方がまずかったのかな、と思うのですが、この記事における「一発ネタ短編」というのは、一般に言われるいわゆる短編小説とは異なるものです。

 いわゆる短編小説は、文庫本にして50ページ以下程度のものを指します。一方、「一発ネタ短編」はショートショートよりもさらに短い本当に核となるネタだけの作品で、一発ギャグやショートコントレベルの短さという認識です。

 ここらへんはネット小説の文化圏によって話がごっちゃになりやすいので、注意するべきだったなあと思います。私がよく利用している「小説家になろう」というサイトでは、1000字以下の作品が多々ありまして、それらが一発ネタであることが多いのです。で、私が上記記事で一発ネタ短編と呼んでいるものは、これらを指すのですね。決して、一般に言う短編小説を批判、というか非難しているわけではありません。本ブログにおける一発ネタの例をあげると、

<a href="http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-40.html">『[1分で読める] 超能力捜査官 [掌編小説]』</a>
<a href="http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-48.html">『[2分で読める] 私が、張良……!? [掌編小説]』</a>
<a href="http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-65.html">『[1分で読める] 討論会 激戦区にて [掌編小説]』</a>
<a href="http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-82.html">『[1分で読める] 足りない [掌編小説]』</a>
<a href="http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-94.html">『[1分で読める] 灰かぶりの…… [掌編小説]』</a>

などです。

 いろいろと誤解を生みそうな内容で申し訳ありませんでした。

Re: Re: NoTitle

リンクがうまくいっていない……;;

http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-40.html『[1分で読める] 超能力捜査官 [掌編小説]』
http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-48.html『[2分で読める] 私が、張良……!? [掌編小説]』
http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-65.html『[1分で読める] 討論会 激戦区にて [掌編小説]』
http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-82.html『[1分で読める] 足りない [掌編小説]』
http://teijisan.blog.fc2.com/blog-entry-94.html『[1分で読める] 灰かぶりの…… [掌編小説]』
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【[10分で読める] 伝説の読み切り漫画 [短編小説]】へ
  • 【[6分で読める] 夢見る(オカルト)研究者 [短編小説]】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。