スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←[1分で読める] 彼女は魔法を信じない [掌編小説] →第6話 クッキーさんのおかげ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【[1分で読める] 彼女は魔法を信じない [掌編小説]】へ
  • 【第6話 クッキーさんのおかげ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

エッセイ(雑記)

Help me! 簿記にお詳しい方(3級程度) 収益の見越計上について

 ←[1分で読める] 彼女は魔法を信じない [掌編小説] →第6話 クッキーさんのおかげ
私、日商簿記検定2級を11/20に受験するつもりであります。

簿記3級を持っていないので、3級から勉強を開始したのですが、一つ疑問点にぶつかりました。
どなたか、お答えしていただけないでしょうか。

[ 疑問 ]
まず設定ですが、前期は×1年1月1日から×1年12月31日。
前期の×1年11月1日に現金800円を「日本商店」に貸しました。
利息は利率3%で、返済時(×2年10月31日)に受け取る予定です。

前期の決算日×1年12月31日には収益の見越計上として、次の仕訳を行いました。
(未収利息) 4 (受取利息) 4

当期の期首×2年1月1日には、逆の仕訳をして振り戻しました。
(受取利息) 4 (未収利息) 4

OK。ここまでは、そうするものだ、ということで理解しました。
そこで、疑問は次の通りです。

「当期×2年10月31日に利息を受け取った場合、前期分の利息は計上するのか?」

つまり、来る返済日に利息を、現金で受け取ることにして、このとき仕訳は

(A)全額受け取ったとして仕訳する 
(現金) 24 (受取利息) 24

(B)当期分のみ受け取ったとして仕訳する
(現金) 20 (受取利息) 20

のどちらになるのでしょうか?

と、ここまで書いてしまったところで、自分で理解しました。

正解は(A)ですね。

(A)の場合、正味の仕訳は次のようになります。

(現金) 24 (未収利息)  4
        (受取利息) 20

これが当期分の仕訳になるわけです。
つじつまがあいます。

わざわざ読んでくださりありがとうございます。

もしご指摘がございましたら、ご遠慮なくお願いします。


----

[ 追記 ]

ということは、見越計上の再振替仕訳というのは、あとでお金を受け取った時に打ち消すためのものなんですね。
関連記事
スポンサーサイト
  • 【[1分で読める] 彼女は魔法を信じない [掌編小説]】へ
  • 【第6話 クッキーさんのおかげ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【[1分で読める] 彼女は魔法を信じない [掌編小説]】へ
  • 【第6話 クッキーさんのおかげ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。