スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説] →[8分で読める] 華麗なる誘拐のために [短編小説]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説]】へ
  • 【[8分で読める] 華麗なる誘拐のために [短編小説]】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

エッセイ(雑記)

ジレンマな話

 ←[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説] →[8分で読める] 華麗なる誘拐のために [短編小説]
 短編小説を書くときは話をできるかぎり短くしよう、というのを心がけております。実際、私の短編作品はほとんどが6分以内で読めてしまうものです。大きな理由としては、私自身もそうですが、長いとそれだけで読むのが億劫になってしまう、ということが度々あるだろうと予想されるからです。

 しかし、最近、その傾向が変わりつつあります。先日投稿した『Dualism: White & Black』は読了に9分かかるという過去最長のものでした。また、これから書こうと思っているいくつかの作品も、まだどれくらいになるか見当はつきませんが、これまでの基準からすると長めの作品になると予想されます。

 この変化には主に二つの理由があります。一つは、ネタ自体が複雑になってきている、というものです。逆に言うと、サッと書ける小ネタがなかなか思い浮かばないのです。二つ目の理由としては、私自身が人物描写や情景描写を描けるようになりたいと思っていることが挙げられます。これらにはどうしても行数が必要となります。

 では、私はどうするのがいいんでしょう。できる限り話を短くしたいという気持ちと、自分が満足できる出来のものを書きたいという気持ち。これら二つの間に挟まれて、ジレンマ状態になっているのが今の現状です。PV数やらptやらを犠牲にして文字数を増やすか、それとも、質の向上および文章力アップのために文字を尽くすのか……。

 どうやら、何のために書いているのか、という根本的な問題と向き合う必要があるようです。

 まあ、いずれにせよ、ぼちぼちのペースで作品を投稿していきたいとは思っております。

 ここまで読んでいただきありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


  • 【[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説]】へ
  • 【[8分で読める] 華麗なる誘拐のために [短編小説]】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説]】へ
  • 【[8分で読める] 華麗なる誘拐のために [短編小説]】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。