スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←[2分で読める] アスペルガーの日常 [掌編小説] →[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【[2分で読める] アスペルガーの日常 [掌編小説]】へ
  • 【[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説]】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

『小説家になろう』作品紹介&愚痴

「なろう」において短編作品のランキングを決定するのはその作者の逆お気に入りユーザー数なのではないか

 ←[2分で読める] アスペルガーの日常 [掌編小説] →[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説]
エッセイ『pv数を増やすには』に、次のコメントを書きました。

--コメントここから--

「PV数を増やす」、「感想をもらう」、「面白い(質の高い)作品を書く」という目標は、(重なりはすれど)それぞれ違うことのように思えます。

 作者様の挙げられた「対策」のほとんどは「面白い(質の高い)作品を書く」ために必要なことであって、「PV数を稼ぐ」ためのものではないのでは、と思われます。「面白い作品を書」けば、「PV数が増える」かというと、実際そうでもないからです。

 PV数はクリック数なので、いかに多くの人にクリックしてもらえるかという点が重要です。であれば、タイトルやあらすじを工夫したり、流行を調べたり、ジャンルを変えてみたり、といった試行のほうが、短期的には効果があると思います(それが面白い作業かどうかは別として)。

 感想が欲しければ、積極的に他作者の作品に感想を書きに行ったり、逆お気に入りユーザーを増やしたり、作家間の交流を深めたりすることが、効率的ではないでしょうか。

 また、「短編」か「長編」かでも戦略は変わってくるでしょう。

 質の高い、面白い作品を目指すのは至極まっとうなやり方ではありますが、それがPV数や感想数というわかりやすい形で成果を上げるかどうかは、私には疑問です。

--コメントここまで--

 で、日頃から思っていたことなんですが、たとえば短編作品を投稿して1週間程度のトータルのPV数って、ランキングに載るかどうかで大きく変わってきますよね。

 で、ランキングに載るかどうかって、その作品の評価ポイントで決まるわけですけど、特に注目されている作品でなければ、だいたい1日から2日以内に入るポイントに大きく左右されますよね。

 で、その2日以内に入るポイントって、その作品を読んだ「日頃から評価ポイントを付けているユーザー」の数に依存しますよね。たとえば、3:3という評価をする人が二人いれば、5:5という評価をする人一人の場合よりも、トータルではポイントが高くなります(当然、平均値では劣るわけですが)。つまり、何点をつけるか、よりも評価点を付ける人が何人いるか、のほうがウエイトとしては大きいのではないか、と思うわけです。

 で、ある作品を投稿した時に、たとえば2日以内に30人くらいに読まれるとして、その中に何人評価を行う人がいるか、というのが、ここでは重要になってくるわけです。

 で、実際のところ、評価をしてくれる読者を確保するのって難しいんですよね。運に頼るしかないというか。でも、その部分をある程度制御することができるシステムがあるんですよね。それが、お気に入り機能なのです。たとえば、常に(何点でもいいので)評価をしてくれる逆お気に入りユーザーが10人いれば、最低でも20ptは入るわけです。過疎ジャンルならこれだけでTop5に入ります。最高では100ptも入ります。日間ランキングが見えてきますね。

 で、まとめると、最終的にPV数をとにかく増やしたいなら、ランキング入りは避けては通れない。ランキングに入るにはポイントが必要(特に投稿2日以内における)。ポイントを稼ぐには、評価をしてくれる人に巡り合うことを祈るだけではなく、評価をしてくれる逆お気に入りユーザーを確保する必要がある。ということなんです。

 はあ、世知辛いですね。身も蓋もないですね。

 この状況は、多くの「なろう」読者が評価を他人任せにしていることに起因しているんですよね……。

 はあ……。
関連記事
スポンサーサイト


  • 【[2分で読める] アスペルガーの日常 [掌編小説]】へ
  • 【[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説]】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【[2分で読める] アスペルガーの日常 [掌編小説]】へ
  • 【[4分で読める] 古屋敷連続殺人事件 [短編小説]】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。