更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

【  2017年06月  】 

三題噺のテーマ大募集!

エッセイ(雑記)

2017.06.26 (Mon)

「小説家になろう」でも告知をしているので、こちらにも記しておきます! どうも、貞治参です。 最近三題噺を書くことにハマっております。 いつもはWeb上の三題噺メーカーとかジェネレーターとかいうものを使ってテーマを決めているのですが、今回は皆さまから三題噺のテーマを募集したいと考えました。 ルールは以下の通り。「三つのテーマ(名詞形)を提案してください。この記事のコメント欄に書いていただければありがた...

PageTop▲

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方( 9 of 13 )

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方

2017.06.25 (Sun)

「まず自己紹介と行こうか。俺はグルーム・プレイヤ。魔法使いだ。ただ、俺は東の国プリスタの者じゃない。西の国ガザールでちょっとした役どころについている」 ヒコサは瞬時にプレイヤの言葉に反応した。「待て。それはおかしい。西の国では魔法が禁じられていたはずだ。そんなところに魔法使いがいるわけがない」「表向きはな。だが、お前らだって知ってると思うが、俺のところの国と東の国は、目下のところ敵対中だ。今は政治...

PageTop▲

Ep. 04 アイノート:リンとの会話編

[長編] 魔法少女は誰かを愛しちゃダメなんですか

2017.06.24 (Sat)

リンは、教室のドアから入ってくるアイの姿を認め、手を挙げた。「おはよー、アイ」「おーっす、リン」 アイも同じように手を挙げる。そのまま、自分の机をスルーして、リンの机にやってくる。「昨日もお疲れ様〜」 リンが話し出す。「お、もう知ってるんだ」「ふふん。私、アイのことなら何でも知ってるよー」「お、おう。何か怖いな」「ちょっと引かないでよ」 昨日、アイが魔法少女として魔物の退治を行ったのだった。リンの...

PageTop▲

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方( 8 of 13 )

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方

2017.06.21 (Wed)

 人間とはなんだろう……。人間であるための条件っていったいなんなんだ? ネロウは考えずにはいられない。 朝日が窓から差し込んでいる。ヒコサの部屋でパレットともに夜を明かした。パレットの今後についても話し合った。真剣に検討したつもりだ。だが、それでも……。「なあ、ホントにそれでいいのか?」 ネロウは何度目かの問いをヒコサにぶつける。石のように動かなくなったパレットの状態を看ていたヒコサは、下に隈のできた...

PageTop▲

ミント栽培記録②

エッセイ(雑記)

2017.06.20 (Tue)

 6月20日はペパーミントの日らしいです(参考)。 ということで最近の栽培状況をば。 結構育ってるやつもあれば、枯れてしまった芽もあり、なかなか一筋縄ではいかんですな。 ちなみに、ミント特有の匂いはまだ全くしません。なんででしょう?いくつかは順調っぽいけど……。 pic.twitter.com/OySTKY1HHb— 高木隊射手(貞治参) (@takagisol) 2017年6月13日今日はペパーミントの日らしいのでパシャリ。 pic.twitter.com/bl...

PageTop▲

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方( 7 of 13 )

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方

2017.06.18 (Sun)

 ネロウがヒコサから事の次第を全て聞き終えたとき、遥か地平から太陽がゆっくりと昇ってくるのが見えた。こんな時間に起きていることは滅多にないため、日の出を眺めるのはネロウにとっては珍しいことであった。しかし、今はその赤く美しい日の光もただただ目障りなだけだった。 悔やんでも悔やみきれない。 あのときああしていれば、などという仮定の話が次々と浮かんでは消える。そもそも自分が野放しになっているこの事態が...

PageTop▲

[10分で読める] 謎のベトナム料理店 [短編小説]

掌編・短編小説

2017.06.15 (Thu)

 夏の日差しを避けるため、ビルの隙間にできた影を縫うようにして歩く。自分の影がはみ出るたびに不快な気分を味わいながら、ふらふらとあてもなく街中を彷徨った。 視線を下に向け、ため息を吐く。首から垂れた社員証入りのネームプレートがねじくれて白い面を見せている。 ああ、コレはずすの忘れとったわ。――まあ、どうでもええか。 ハンカチを取り出して額の汗を拭う。 陰気くさいあの会社からはよ離れんと。こっちまで気...

PageTop▲

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方( 6 of 13 )

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方

2017.06.13 (Tue)

 その後、数日かけて例の石板を壊そうとネロウ、ヒコサ、パレットは試みた。しかし、結果から言うと、石板を壊すことはできなかった。大ぶりのハンマーで思い切り叩いたり、高いところから落としたりしてみても、びくともしないのである。せめて文字が刻まれている部分だけを削り取ろうとも考えてみたが、その案も異常な硬度を誇る石板の前にあえなく失敗に終わった。 ならば、ということで、ネロウたちはその石板をもとの位置に...

PageTop▲

[4分で読める] 海神 [短編小説]

掌編・短編小説

2017.06.10 (Sat)

 海神(ハイシェン)とは、15歳の少女・白華(ハクラン)の呼称である。その名の通り、彼女は水上戦において敵う者なしの最高戦力。身に宿す御業により波を操り、敵の艦隊を轟沈させる様はまさに神の如し。海を越える数多の襲撃にもかかわらず、中つ国が侵略も受けず平穏を保っていられるのは、彼女の存在があるからに他ならない。東方の異民族には白虎(バイフー)として怖れられている。群れを成した虎が駆けるが如く、怒涛の波...

PageTop▲

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方( 5 of 13 )

[中編] 禁忌の呪文、魂の行方

2017.06.08 (Thu)

 パレットはなぜか、石板がもともと置いてあった場所へとネロウを連れてきた。あの木や草が生えていない円形のスペースである。今や白い文字はほとんど確認できなくなっている。ここに来るまでの間、パレットは黙ったままだった。その表情が少し怖くて、ネロウも言葉を一言も発することはなかった。 先導していたパレットが振り返って言った。「ちょっと、そのトカゲに何か命令してみて」 興味を持ってくれたのだろうか。だとす...

PageTop▲

前月     2017年06月       翌月

Menu

プロフィール

貞治 参

Author:貞治 参
FC2ブログへようこそ!
★小説は下のカテゴリから!
★エッセイはコチラへ!

感想歓迎! リンクフリーです!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR