更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 01

【  2016年12月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

PageTop▲

水は1気圧下、0℃から100℃まで液体のはずなのに、空気中に気体として存在するのはおかしいのではないか!

エッセイ(雑記)

2016.12.25 (Sun)

 水の相図を見ると、1気圧下において0℃から100℃では液相となっている。 では、なぜ、我々が住んでいる空間、その空気中には水が気体として存在しているのだろうか。 諸君に解いてもらいたいのは、このパラドックスである。 以下にダメな解答例を示しておく。 ○「100℃で起こるのは沸騰で、それ以下の温度で起こるのは蒸発である。沸騰と蒸発を混同してはいけない。沸騰が起こる温度こそが、相図上における気相と液相の共存温度...

PageTop▲

前月     2016年12月       翌月

Menu

プロフィール

貞治 参

Author:貞治 参
FC2ブログへようこそ!
★小説は下のカテゴリから!
★エッセイはコチラへ!

感想歓迎! リンクフリーです!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。