更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 101234567891011121314151617181920212223242526272829302016 12

【  2016年11月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

PageTop▲

[2分で読める] 人の顔と名前が覚えられない僕は、異世界に来て詰みました [掌編小説]

倉庫(掌編・短編小説)

2016.11.08 (Tue)

 こちらの世界へやってきて、輝く金色の髪をもつ少女(もう名前を忘れた)に連れてこられたのは、ギルドという場所でした。 どうやら、ここに登録すると、お仕事をもらうことができるようです。ハローワークみたいなものでしょうか。 僕が選んだのは魔術師ギルドです。昔から魔法使いに憧れがありました。 さて、そんな僕の第一関門は、ギルドの仲間たちとの自己紹介でした。「わたし、カメリア」「おれは、ゴロウマルだぜ」「...

PageTop▲

[3分で読める] 水からの便り ~迷信の功罪~ [掌編小説]

倉庫(掌編・短編小説)

2016.11.08 (Tue)

「……H2O。水素と酸素、これが水を作っているのです。みんなには、ちょっと早いかな」「水素」、「酸素」と黒板に書きながら、先生の説明は続く。 僕知ってるよー。 声が後ろの方から声が上がった。「まあ、物知りね」「……水に良い言葉をかけると、水中の水素原子が活性化します。わざわざ高い市販の水素水を買わなくても、こうやって体にいい水を作ることができるのです」 教壇に置いてあるいくつかのボトルには、それぞれ「愛...

PageTop▲

前月     2016年11月       翌月

Menu

プロフィール

貞治 参

Author:貞治 参
FC2ブログへようこそ!
★小説は下のカテゴリから!
★エッセイはコチラへ!

感想歓迎! リンクフリーです!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。