更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2016年10月  】 

第13話 思春期

[長編] 魔法少女は誰かを愛しちゃダメなんですか

2016.10.27 (Thu)

「師匠、ですか……」 アイとシズが互いを見ながら首を傾げた。「うん。こっちの、東の魔法少女は多分みんな知っていると思う。主に魔法少女の育成をしている人なの」 ミミが説明する。「今回、いろいろあったでしょ。操られたシズ、???の存在、黒装束、クッキーでも感知できない魔力のステルス機能……。一回、師匠に意見を聞いてみたらどうかなって」「そうなんですね。西にも似たような立場の人がいますけど、東にも指導者的な...

PageTop▲

ぶんしょうりょく!

エッセイ(雑記)

2016.10.26 (Wed)

 文章力を上げたいと思うようになりました。 ただ文章力とはなんなのか、いまいちわかっていません。 よく言われるように、好きな作家の文章を写したり、真似たりすればいいのでしょうか。 同一の語彙の使い回しが多いことは自覚しているので、そこはなんとか改善していきたいと思っています。 表現の幅を増やすのがいいのかな……。 秋山瑞人とか参考にしてみようかな……。...

PageTop▲

Ep. 02 メイノート:ジンの日記編

[長編] 魔法少女は誰かを愛しちゃダメなんですか

2016.10.26 (Wed)

 オレの名前はジンだ。 これはオレ、ジンの日記である。 勝手にこの日記を読んだ奴は呪われるからな! 4月××日 緊張の入学初日。周りを見渡しても、オレほどガチガチの奴はいない。オレが緊張しいだからか。 中学までの友達はいない。ここで新たに友達を作らなければならない。思わず体に力が入ってしまう。 ここは教室である。入学式までに少しの空き時間があった。 ふと気づくと、なぜか皆仲よさそうに隣の席の人と話し...

PageTop▲

[3分で読める] 殺人症候群 [掌編小説]

倉庫(掌編・短編小説)

2016.10.25 (Tue)

 悲鳴が聞こえる。「お願い、私たちを殺さないで! まだまだやりたいことがあるの。守りたい人がいるの。叶えたい夢があるの!」 残念ですが、こうでもしないと、この小説はインパクト不足なのです。 ヤマもオチもない至極退屈な小説になってしまいます。 だから、申し訳ないと思っていますが、あなたには犠牲になってもらいます。 ほら、読者は血が好きなのですよ。 あなたが内臓をブチまけて、這いずり回る様子を読みたが...

PageTop▲

第12話 魔物討伐

[長編] 魔法少女は誰かを愛しちゃダメなんですか

2016.10.25 (Tue)

 メイ達と戦ったアキ以外の4人の黒装束は、それぞれの担当地区に出現する予定の魔物を討伐するために、目的地へと向かっていた。 初めにその地点に到着したのは、ハル(黒装束B)であった。 待つこと数分。突然、まばゆい光とともに魔物が出現した。 魔物は、大型犬のような姿をしていた。だが、剥き出しの牙は鋭く、目に入ったハルを睨みつけるその眼光は、とてもペットとして飼えるようなものには思えないだろう。 ハルは目...

PageTop▲

[2分で読める] 私が、張良……!? [掌編小説]

倉庫(掌編・短編小説)

2016.10.24 (Mon)

「さあ、時は来た、張良よ。今こそ、項羽を追い詰める策を」 小太りのおっさんが言う。 私はそのおっさんの前で傅いていた。 ………… …… 私は、どうやら、タイムスリップとやらを経験したらしい。 現代から流れ流れてたどり着いたは楚漢戦争時代。 どういうわけか知らないが、項羽を討ち、後に漢を興すことになる劉邦(目の前のおっさんがそうらしい)の参謀、張良こそが、私だった。 なんてこった……! ………… ……「ほれ、張良...

PageTop▲

第11話 大通りの戦い②

[長編] 魔法少女は誰かを愛しちゃダメなんですか

2016.10.24 (Mon)

 チョコにより飛ばされた後、シズは倒れこんだが、黒装束は即座にリカバリした。 そして、後方にいたアイの方へと駆けて行き、跳躍した。アイの頭上を軽く飛び越え、一旦距離を取った。これでシズ、アイ、メイによる包囲から逃れた。 手堅い。 メイはそう感じた。 あの強化された神経なら、一気にメイに接近し、近距離攻撃を放つことができたはずだ。もちろん、メイには杖によるノータイム魔法があるから、返り討ちに遭う可能...

PageTop▲

[1分で読める] 伝えるということ [掌編小説]

倉庫(掌編・短編小説)

2016.10.23 (Sun)

 大きな通りの歩道の上に、一人のパフォーマーがいた。 彼の芸に、人々は足を止め、見入っていた。 やがて芸は終了し、彼はお客さんたちに一礼した。 観客は拍手をした。 しかし彼はそれに反応することはなかった。 いそいそと片付けを始め、去って行ったのだった。 彼の態度を見た人々は彼を貶し始めた。 彼は盲ろう者だった。 人々の拍手や歓声は聞こえず、その喜ぶ姿も彼には見えなかった。 彼はいつも自分の芸に疑問...

PageTop▲

「発達障害者の受験、配慮進まず」について思うこと

エッセイ(雑記)

2016.10.23 (Sun)

 西日本新聞の朝刊一面に載っていたので、読んでみた。 色々と違和感を覚えたので、ここに記す。 ちなみに、件の記事はネット上でも読める。 発達障害者の受験、配慮進まず 九州7県公立高、措置は十数件 以下、引用しながら、つらつらと思ったことを書いていく。 元記事では最後に書かれてある項目だが、まずは発達障害とは何か、という問いから。 自閉症やアスペルガー症候群、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(A...

PageTop▲

無料小説・小説投稿・登録サイト「ツギクル」β版のランキングが、「なろう」へのリンクで溢れている件

『小説家になろう』作品紹介&愚痴

2016.10.22 (Sat)

 「ツギクル」というサイトのβ版が7/26にオープンして数か月が経過しました。 「ツギクル」とは、無料小説・小説投稿・登録サイトです。 「アルファポリス」みたいなサイトだと私は認識しておりますが、「AIを活用した作品分析」や「読者ランキング」におけるポイントのつき方などに独自の特徴があるようです。 今秋に本格オープンとのことで、まだ開始されていないサービスもあるため、総合的に見てこのサイトが(小説投稿・...

PageTop▲

前月     2016年10月       翌月

Menu

プロフィール

貞治 参

Author:貞治 参
FC2ブログへようこそ!
★小説は下のカテゴリから!
★エッセイはコチラへ!

感想歓迎! リンクフリーです!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR